横浜ジュエリー物語: 2012年3月

ダイオプテーズのワイヤーアートジュエリー

12/03/30
i.jpg

3月27日(火)から凛々花(りりか)先生のワイヤーアートジュエリーの企画展が当店、横濱宝石美術館Emeraで始まりました。

凛々花先生は日本ワイヤーアートジュエリー協会の主宰者で、今、流行りのワイヤーアクセサリーのワイヤーをジュエリー素材の貴金属であるシルバーや金などを使って、芸術的なジュエリーに作り上げています。

シルバーや金のワイヤーは硬いので作るのが難しいのです。

特に金のワイヤーで作っている方が日本ではあまりいない中、凛々花先生は石からのオーダーも受けて下さるとのことです。

そこで、写真のダイオプテーズという緑の石を18金のワイヤーで、私の大好きなハートの形にして作っていただくことにしました。

ダイオプテーズという石は鮮やかな緑色をしていて、発見された時、エメラルドと間違われたと言われています。

劈開(へきかい)性があり割れやすいので、研磨が難しい石で原石のまま観賞するのが一般的な石ですが、凛々花先生はダイオプテーズを研磨できる方から石を手にいれて写真のようなワイヤーアートジュエリーをお作りになっています。

今回、凛々花先生のお持ちのダイオプテーズの石を見せていただき、ハートにも見える三角でキラキラしている石を選ばせていただき、18金のワイヤーでハートのデザインで作っていただくことにしました。

出来上がりがとても楽しみです。

凛々花先生のワイヤーアートジュエリーの作品展は4月10日(火)まで開催しています。

以下の日時には凛々花先生が店にいらっしゃいますので、オーダーや石を持ち込んでのリフォームなどのご相談も承ります。

3月31日(土) 15時〜18時

4月3日(火) 15時〜18時

4月6日(金) 11時〜15時

4月9日(月) 11時〜15時