横浜ジュエリー物語: 2012年6月

パールのハムスターのペンダント

12/06/29
image0020.jpg

6月も明日で終わりですね。

6月の誕生石のパールで作った動物シリーズの写真が見つかりましたので、アップします。

バロックの白蝶パールで作ったハムスターのペンダントは最初は後ろにあるケージもくるくる回るように作りたかったのですが、職人に勘弁して下さいと言われて、諦めました。

「可愛い!」と評判で「写真を撮らせて下さい!」というお客様もいらっしゃいましたが、ケージも18金とダイヤモンドで作っている為、かなりなお値段になってしまい、なかなか嫁ぐことができませんでした。

お嫁にやらないで、私の胸で飼ってしまおうかとも思いましたが、昨年、無事、四国にお嫁入りしました。


中華街のペンダント

12/06/24
i.jpg

昨夜は取引先の社長と久しぶりに中華街で会食をしました。

華正楼は中華街の老舗店で、母のお気に入りの店でした。昔からお祝い事や法事の時などによく使っている店で、昨夜はすっかりご馳走になり、美食を堪能させていただきました。

写真は横浜ジュエリーの中華街のペンダントです。

ボルダーオパールの中にある黒い模様が中華街の門のように見えたので、これで中華街を作る!と決めました。
職人が夜な夜な中華街の門を見に行って、とても立体的な門が出来上がりました。

ペンダントの上には竜が玉でなく、ダイヤモンドをつかんでいます。
ボルダーオパールのダークブルーの夜の闇の中にルビーをちりばめた中華街の赤い門のネオンが浮かび上がります。


バロックパールの金魚のペンダント

12/06/14
EmeoriginalKINGYO1.jpg

6月の誕生石はパール。

パールにはあこやパール、白蝶パール、黒蝶パール、淡水パールなど色々な種類があってそれぞれ好きです。

中でも南洋パールとも言われ南の暖かいところで採れる白蝶パールのバロックパールという変形のパールが形が色々あり、面白いです。

写真のバロックパールの金魚のペンダントもパールを見た時に金魚!と思い、金魚鉢の中に金魚が泳いでいるイメージで作りました。
金魚鉢の中の石もトルマリン、アメジスト、ペリドットなど散りばめてカラフルにしました。
可愛い表情にしたかったので、可愛いのが苦手という職人にディズニーの映画を見てもらったりして、苦労して作りました。

こちらは表の顔で裏は目にエメラルドが入って、別の顔をしています。

作って早々にお得意様に見初められてお嫁にいってしまいましたが、思い入れがある私のお気に入りのジュエリーでした。

この写真のデータがなくなってしまい暑中見舞いのハガキにしたものを撮ったので画像が悪いのが残念です。


メノウのタツノオトシゴ

12/06/12
i.jpg

6月の誕生石のパールの新作が色々入ったので、ディスプレイ替えをしました。

写真のメノウのタツノオトシゴは若い頃、バンコクに買い付けに行った時に取引先で見つけた私のコレクションです。

今年の干支の辰に合わせてお正月から展示したところ、外国人の方からも売って欲しい!とのご要望もあり、とても評判が良いのです。
ですが、申し訳ありませんが、横濱宝石美術館の所蔵品なので、お売りできません。

馬車道通りに面したショーウィンドーのケースにこのメノウのタツノオトシゴを移しました。
パールの作品の中にタツノオトシゴを入れただけでとても夏らしい感じになりました。
ぜひ、ご覧下さい。


カエルのブローチ

12/06/09
i.jpg

今日は朝から雨で関東地方も梅雨入りのようです。梅雨に入るとなぜかカエルを連想します。

写真のカエルのブローチはカエルの胴体にメキシコオパールを使い、目はグリーンガーネット、葉っぱはアベンチュリンです。

メキシコオパールの変形の石は見た時に、カエルのジュエリーを作ろう!と思って買った石です。石を買ってから何度もデザインを描き直しましたが、なかなか気にいったデザインができなくて、2年ぐらいねかしていました。

一昨年、坂元勝彦さんという今、横浜ジュエリーを作ってくれている職人の動物のジュエリーを見た時に目や表情があまりに可愛いので、彼に作ってもらおう!と決めました。

アベンチュリンの葉っぱにカエルを乗せること、カエルの足の感じ、表情など私の希望を事細かに伝えて、希望通りのカエルのジュエリーができた時は本当に嬉しかったです。

職人の坂元さんは世界的なジュエリーデザイナーの石川暢子さんなどに師事し、今まで素晴らしいジュエリーを作っているマイスターの資格を持った職人です。

今、企画中の横浜ジュエリーも坂元さんに作ってもらいます。

このカエルのジュエリーは作ってすぐにお得意様のところにお婿に行きましたが、サイト内のアニマルシリーズのフロッグのところに横から見た写真なども載っていますので、ぜひ、ご覧下さい。